読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アスジュク

元々は勉強嫌いだった25才。明日(アス)に活かすことのできる実践的な思考法/勉強法を、自身の経験をもとに紹介させていただきます。

毎日勉強を継続させる方法を論理的に考えてみる

勉強法

KOOです。

 

 

今回は「継続」をテーマに話します。

以下が今回の内容となります。

 

 

テーマ:毎日継続する方法を考えてみる

1.継続できない理由はメンタル?

2.継続するには何をすべきか?

3.トライ&エラーを繰り返そう

 

 

1.継続できない理由はメンタル?

毎日何かを継続することは、

恐ろしく難しいことですよね。

 

 

例えば、

毎日30分ランニングしようと決めて、

1ヶ月続けれるでしょうか?

 

 

一日10分の作業でも

6ヶ月毎日継続できるかといえば、

多くの人はできないと思います。

 

 

ここでお伝えしなければならないのは、

人間は妥協してしまう弱い存在

だということです。

 

 

もちろん、

志望校に絶対に受かりたいんだ!

という気持ちを

24時間365日持ち続ければ、

妥協しないかもしれません。

 

しかし、

モチベーションを維持し続けるのは

なかなかできることではありません。

 

 

以上のことを踏まえると、

継続できなかった原因を

メンタルのせいにする

のは何も解決になりません。

 

 

ここで考えるべきなのは、

メンタルが弱くなったときでも

継続できる仕組みを作る

ことです。

 

そして、

何かを毎日継続する上で重要なのは、

①優先度を決定する

②継続の難易度を分析する

ことの2点だと考えています。

 

 

2.継続するには何をすべきか?

まず、①優先度を決定する。

 

これは、

必ず毎日継続するべきこと、

継続しなくてもよいことを仕分ける

という意味です。

 

 

勉強を本格的に取り組み始めると

やるべきことが溢れています。

 

よって、

これは絶対に毎日やらないとダメ、

というものを設定しないと、

やらずに一日が終わっていきます。

 

例えば、

英語は成績が伸びにくいらしい

⇒早めにコツコツやっておくべき

⇒英語には単語量が不可欠

⇒何よりまず英単語を毎日20個覚える

のように、

 

自分は今何をすべきか?を考え、

重要だと思うものを

他のことができなくても毎日や

ことが大事です。

 

英単語20個は毎日覚える。

数学の問題集はできたらやる。

物理はやれなくても最悪大丈夫。

といったように、

優先度を明確に決めて、

毎日やるべきことを設定しましょう。

 

 

 

続いて、②継続の難易度を分析する。

 

これは、

設定した毎日やるべきことについて、

実際に自分は継続できるかを分析する

という意味です。

 

 

例えば、

ダイエットしたい

⇒ダイエットにはカロリー消費が重要

⇒走ることでカロリーを消費しよう

⇒毎日夜に10km走ろう

といって毎日夜に10km走れるか?

 

走れない人の方が多いですよね?

  

では、なぜ走れないんでしょうか?

 

 

理由としては、

いきなり10kmは長い

というのがありますよね。

 

普段運動していなかったら

10kmはキツイかもしれません。

 

それだったら、

まずは毎日3kmからトライしてみよう

という解決策が生まれるわけです。

 

 

一方で、

一日仕事・勉強して疲れているから、

夜に走るのはキツイ

という理由もありえますよね?

 

その場合は、

一度朝に10km走ってみよう

という別の解決法が出てくるわけです。

 

 

つまり、何が言いたいかというと

毎日やるべきことを設定する

⇒実際にやってみる

毎日続かなかったら、原因を分析する

原因を解決する方法で再びやってみる

 

この方法を実践すれば、

毎日継続できるようになってくる、

ということです。

 

 

3.トライ&エラーを繰り返そう

ここまでの話を整理します。

 

1.人間は妥協してしまう弱い存在

 ⇒それでも継続できる方法を考える

 

2.メンタルが弱くても継続するには

 ①優先度を決定する

 ②継続の難易度を分析する

 

毎日やるべきことを設定する

⇒実際にやってみる

毎日続かなかったら、原因を分析する

⇒原因を解決する方法で再びやってみる

 

ということでした。

 

あとは、

やってみて、修正して、やってみて、…

の繰り返しです。

 

例えば、

単語帳を毎日20個覚えると決めたのに、

途中で挫折してしまった場合、

 

・20個という量が多い

・単語帳が分かりづらい

・寝る前にやろうすると眠くなる

といったように原因を分析します。

 

そして、

20個という量が多いと判断したら、

まずは10個に減らしてみる。

 

それでも、続かなければ

寝る前より、起きてすぐにやってみる。

 

続くようになって、余裕が出てくれば、

再び20個にトライしてみる。

 

というように

とりあえずやってみて、

少しずつ修正していけばいいんです。

 

 

その中で、

自分に合った形を探してみてください!

 

そうすれば、

毎日継続できるようになります!

 

 

本日は以上です。

ご拝読ありがとうございました。