読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アスジュク

元々は勉強嫌いだった25才。明日(アス)に活かすことのできる実践的な思考法/勉強法を、自身の経験をもとに紹介させていただきます。

「質問方法」を変えるだけで成績が上がる?

勉強法

KOOです。

 

今回のテーマは「質問方法」です。

以下が今回の内容です。

 

テーマ:「質問方法」を考える

1.質問は実は奥深い

2.質問方法を変えてみよう

3.明日からでもできること

 

 

1.質問は実は奥深い

分からないこと・不安なこと

を他の人に聞く。

 

皆さんも今まで多くのことを

家族・友達・先生などに

質問してきたと思います。

 

ただ、

私たちの生活に欠かせない質問は

実は非常に奥深いものなのです。

 

ビジネス・仕事の世界では

質問の仕方だけで能力がある程度分かる

といっても過言ではないと思います。

 

私も社会人になったばかりですが、

質問にはとても苦労しています。笑

 

 

今回は「質問の仕方」の中でも

学生の皆さんに一度考えてみてほしい

基礎的部分を紹介させていただきます。

 

それは、

①考えずに質問するのはやめよう

②プライドを捨てて質問しよう

の2点です。

 

 

2.質問方法を変えてみよう

まずはじめは、

①考えずに質問するのはやめよう

です。

 

どういうことかというと、

自分で深く考えることなく

すぐに質問してしまう

ことを意味します。

 

 

すぐに質問する姿勢は

私は素晴らしい姿勢だと思っています。

 

授業中に疑問に思ったときは

積極的に質問する方がいいです。

 

ただ、

誰かに個人的に質問しに行くときは

質問する前に深く自分で考えてほしい

です。

 

確かに人に聞くことによって

答えにたどり着く時間を短縮できます。

 

しかし、

自分で考えることによって、

問題のどこまでが分かっていて、

どこが分かっていないのか、

を明確にすることができます。

 

すると、

答えが分かったときに理解が深まり、

他の問題への応用も効く

ようになります。

 

さらには、

本気で考えて分からないという経験は

記憶に残りやすいです。

 

 

よって、

分からない問題に出会ったときに

すぐ質問する癖がついている人は

 

深く考えてから質問するよう

心がけましょう。

 

 

続いて、

②プライドを捨てて質問しよう

です。

 

今度は逆に

なかなか質問できない人

に向けてです。

 

質問しない人には

・質問したいことがない人

・質問したいがしない人

の2種類いると思っています。

 

では、質問したいがしない人は

なぜ質問しないのでしょうか?

 

 

それは、

場違いな質問をしたらどうしよう?

 

「こんなことを聞くのか」

と思われないだろうか?

 

というように周りの目を気にするから

だと考えています。

 

自分のプライドを守りたい

とも言えます。

 

ちなみに、

私はどちらかというと

こちらのタイプです。笑

 

 

しかし、

プライドは人の成長を邪魔します。

 

目的を志望校合格においているなら、

そのための有益な情報は

プライドを捨ててでも入手すべきです。

 

恥ずかしいなどの理由で

チャンスを捨てるのはもったいない

と思います。

 

 

周りから何と思われようとも、

最終的に志望校に合格するほうが

ハッピーではないでしょうか?

 

よって、

質問したいのに聞けていない人は

プライドを捨てて

どんどん質問してください!

 

 

3.明日からでもできること

今回の話を整理します。

1.質問は実は奥深い

 ⇒質問の仕方で能力が分かる

 

2.質問方法を変えよう

 ①考えずに質問するのはやめよう

 ⇒理解が深まる、記憶に残りやすい

 ②プライドを捨てて質問しよう

 ⇒有益な情報を逃さない

 

ということでした。

 

今回の

①考えずに質問するのはやめよう

②プライドを捨てて質問しよう

 については、

明日からでもトライできることです。

 

すぐに実践することは難しいですが、

意識はすぐに変えることができます。

 

意識を変えれば

行動が変わります。

 

トライしてみてください。

 

 

本日は以上です。

ご拝読ありがとうございました。